相互リンク募集中
リンクについてはこちらから

2009年07月13日

張飛(ちょうひ)

張飛(ちょうひ)

張飛(ちょうひ) 翼徳(よくとく) 劉備・関羽の義弟。


張 飛(ちょう ひ、? - 221年)は、中国後漢末期から三国時代に、劉備と彼の建国した蜀漢に仕えた武将。『三国志(正史)』では姓は張、諱は飛、字は「益コ」で張益徳。なお、『三国志演義』では「翼コ」で張翼徳としている。封号は新亭侯。諡は桓侯。子に張苞・張紹、敬哀皇后・張皇后がいる。

劉備の挙兵当初から付き従った古参で、その人並み外れた勇猛は、下述の通り中華に轟いていた。『三国志演義』を始めとした創作作品でも多くの活躍をし、現在でも中国や日本において大いに親しまれる。

posted by カエルの日 at 00:00| Comment(0) | 人物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月11日

関羽(かんう)

関羽(かんう)

関羽(かんう) 雲長(うんちょう) ?〜219年
河東郡解県の人。劉備、張飛とは黄巾討伐の義勇軍以来のつながりで、義兄弟。


劉備・張飛とは兄弟のように深い親愛で結ばれた間柄。関羽が張飛より数歳年長だったので張飛は関羽に兄事した。

建安5年(200)、劉備が曹操に敗れて袁紹の下へ亡命した際に曹操の捕虜となったが、「劉備殿の恩義があり、裏切ることはできない。長く留まる事はできないが、必ず手柄を立ててから立ち去るつもりだ」と言った。張遼とともに先鋒を任されると大軍の真っ只中に斬り込んで敵将顔良を討った。

この後に関羽が立ち去ると、曹操は「主君のためにしているのだ。追跡してはならない」と言ったという。

劉備が益州を平定すると荊州の守備を任されたが、部下には優しいが士大夫には傲慢な性格であることが災いし、同盟関係にあった呉との関係が険悪になり、呂蒙の襲撃によって討たれた。
posted by カエルの日 at 00:00| Comment(0) | 人物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
三国志



新感覚オンラインシミュレーション「三国ヒーローズ」ついに公開!


三國志Online:サンゴクシオンライン



ブラウザ三国志
武将カードを活用して領土拡大を目指せ!

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。