相互リンク募集中
リンクについてはこちらから

2009年07月20日

真・三國無双 Online 〜神将乱舞〜

真・三國無双 Online 〜神将乱舞〜



posted by カエルの日 at 01:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月09日

劉備(りゅうび)

劉備(りゅうび)

劉備(りゅうび) 玄徳(げんとく) 161〜223年
蜀漢の初代皇帝、昭烈帝。
涿郡涿県の人。前漢の景帝の子中山靖王劉勝の子孫と称した。214年に漢中王。221年に帝位につく。

黄巾の乱に義勇兵を率いて官軍に参加、名をあげた。その後旧友・公孫サン陣営に加わった。
西暦193年、曹操が徐州に侵攻すると、刺史・陶謙の援軍に赴く。
陶謙には深く信頼され、その死に際して徐州を託され、初めて領地を得た。
しかし当時身を寄せていた呂布により乗っ取られ、劉備は曹操のもとに落ち延びることとなった。
呂布滅亡後、機を見て再び徐州の主に返り咲き、曹操に反旗を翻すが敗北、今度は袁紹を頼った。袁紹が官渡の戦いで敗れると荊州の劉表のもとに身を寄せた。
西暦208年、曹操が南征軍を起こすと荊州は降伏、劉備は江陵に拠って対抗しようとしたが、その途上長阪で大敗し、張飛らの活躍でなんとか逃れることができた。
その後起った赤壁の戦いでは呉と連合し、周瑜の活躍で曹操軍を撃退した。
赤壁の戦い後、空白地と化した荊州南部を領有、地盤を築くと西方益州の劉璋を降して 『天下三分』を現出させた。
しかし兼ねてより呉との懸案であった荊州領有問題がこじれ、荊州が呉に占領され総督・関羽が討たれてしまう。
西暦221年、劉備は蜀漢を建国し皇帝となったものの、呉に報復したい気持ちを捨てきれずついに出兵した。
当初は呉軍に連戦連勝であったがまもなく戦線は膠着、長期戦となる。
状態を打開できず士気が低下したところを呉将・陸遜に攻撃され大敗した(夷陵の戦い)。
まもなく失意のうちに病死する。

posted by カエルの日 at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月07日

三国志とはA

三国志とは?

人物に焦点をあてて、

<概略> ※ ( )内は西暦です。

後漢の末期。
中央では宦官が横行し、黄巾(こうきん)の乱(184年)によって世の中は乱れ、その滅亡は決定的となりました。

この黄巾賊討伐に、劉備(りゅうび)・関羽(かんう)・張飛(ちょうひ)は“義勇軍”として参加し、曹操(そうそう)、孫堅(そんけん)は官軍の将として参加していました。

黄巾の乱以後、中央では宦官が政権を牛耳りましたが、袁紹(えんしょう)らのクーデター(189年)で追われます 。しかし、その混乱の中で皇帝を手中にし政権を握ったのは董卓(とうたく)でした。
頂点を極めた董卓は、物欲、独占欲、嗜虐がエスカレートし、横暴を極めます。
それを討つため、曹操、袁紹、孫堅、公孫瓉(こうそんさん)らが一同に会し、水関、虎牢関で戦いますが、仲間割れと、長安遷都によって崩壊。長安で董卓は さらに横暴を極めます。
しかし、その董卓が子飼いの呂布(りょふ)に殺され(192年)、それを追った董卓配下の四諸将が 首都長安を支配することになります。


posted by カエルの日 at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
三国志



新感覚オンラインシミュレーション「三国ヒーローズ」ついに公開!


三國志Online:サンゴクシオンライン



ブラウザ三国志
武将カードを活用して領土拡大を目指せ!

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。