相互リンク募集中
リンクについてはこちらから

2009年07月07日

三国志とはA

三国志とは?

人物に焦点をあてて、

<概略> ※ ( )内は西暦です。

後漢の末期。
中央では宦官が横行し、黄巾(こうきん)の乱(184年)によって世の中は乱れ、その滅亡は決定的となりました。

この黄巾賊討伐に、劉備(りゅうび)・関羽(かんう)・張飛(ちょうひ)は“義勇軍”として参加し、曹操(そうそう)、孫堅(そんけん)は官軍の将として参加していました。

黄巾の乱以後、中央では宦官が政権を牛耳りましたが、袁紹(えんしょう)らのクーデター(189年)で追われます 。しかし、その混乱の中で皇帝を手中にし政権を握ったのは董卓(とうたく)でした。
頂点を極めた董卓は、物欲、独占欲、嗜虐がエスカレートし、横暴を極めます。
それを討つため、曹操、袁紹、孫堅、公孫瓉(こうそんさん)らが一同に会し、水関、虎牢関で戦いますが、仲間割れと、長安遷都によって崩壊。長安で董卓は さらに横暴を極めます。
しかし、その董卓が子飼いの呂布(りょふ)に殺され(192年)、それを追った董卓配下の四諸将が 首都長安を支配することになります。


posted by カエルの日 at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
三国志



新感覚オンラインシミュレーション「三国ヒーローズ」ついに公開!


三國志Online:サンゴクシオンライン



ブラウザ三国志
武将カードを活用して領土拡大を目指せ!

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。